イボ、水イボ

イボ(尋常性疣贅)

お恥ずかしい話ですが、足の裏のイボがこれ程治り難いものであるとは開業して初めて知りました。勤務医時代と異なり初診時から完治に至るまで一人の患者さんを一人で継続的に治療してみて初めて実感したということです。
液体窒素による凍結療法が標準治療であることは間違いの無いところですが、それのみでは中々治りにくいケースがあることも確かです。当院では経過が長びく場合ヨクイ二ンなどの内服はもちろん各種外用剤、レーザー、抗腫瘍剤および局所免疫療法を併用療法として積極的に取り入れ少し大げさですが集学的に対応することにより治療成績の向上に努めています。
各地に「イボとり地蔵」があることからも分かるように、昔からイボの暗示療法の有効性も唱えられています。「少し時間はかかるかもしれないけれど、いずれは治るんだよね」、「治るとも」といったゆったりとした前向きな気持ちを持つことはとても大切です。
小児の場合、ウオノメ(鶏眼)と思って放置していたケースが多いのですが小児にウオノメができることは極めて稀です。ある程度の大きさになると、極端に治りにくくなる印象があります。たかがイボ、されどイボ。早めの受診をお薦めします。

水イボ(伝染性軟属腫)

自然に治ることもありますが、あれよあれよと言う間に増えてしまい収集のつかなくなってしまう場合もあります。実際、適切に対応できず青くなった母親に連れられて来院されるケースも結構あります。
当院では、「当院で予めお渡しした麻酔のテープ」を貼っていただいてからピンセットで一つ一つ摘除することにしています。この15年間あらゆる方法を試みてみましたが、この方法が一番確実であると今のところ考えています。
また、水イボは取ってしまえばそれで良しとするのではなく水イボが増えてしまった原因を考える必要があります。水イボは圧倒的に乾燥肌の子供に多いですから、保湿に留意し皮膚を常に良い状態に保つことは摘除以上に大変重要なポイントです。
「明日からプールなので今日中に全部取ってください。」と迫るお母さんも時々おられます。どんどん増えてくる水イボにあせってしまう気持ちも分からなくはありませんが、相手が幼児である以上たくさんの水イボを一度に摘除するというのは現実的ではありません。以前、土曜日の忙しい時間帯に「他院で処方された麻酔テープ」を100箇所近く貼った状態でいきなり来院されたケースがありましたが、子供には我慢の限度というものがあり(ついでながら治療する医者にも)一度無理をしてしまうと以後の協力が得られない場合がほとんどです。
きちんとした保湿ケアを継続しながら、少ないうちに、大きいものから、少しずつとっていく、それも痛い思いをすることなく、これを原則としたいところです。

アトピー性皮膚炎

水虫・爪水虫

ニキビ・ニキビ跡

皮膚科専門医の扱う皮膚疾患

ページトップへ戻る