皮膚科における光・レーザー治療

太田母斑を液体窒素圧抵療法で治療していた時代を経験した者としては、Qスイッチレーザーの出現は正に衝撃的なものでした。皮膚治療の分野におけるこれ程の変革を、今後自分が皮膚科臨床医を続けている間に再び経験することは恐らくないだろうと思います。
15年ほど前から、1台ずつレーザー機器を導入してきたのは、一つには最新のテクノロジーを搭載したこれらの機器を用いてこれまでの皮膚科診療が先送りにしてきた疾患に取り組んでみたいという思いがあったからです。光・レーザーの理論を学び、機器を選定してその操作法に習熟する。そして実際に治療に応用して患者さんに満足していただくことは、一見ありふれた皮疹の中から早期発見・早期治療を要する皮膚疾患を見出した時の皮膚科医の醍醐味に比肩するものがあります。
近年、ダウンタイムのない光治療器にも、すこしずつ優れたものを目にするようになってきており今回ライムライトによる最新の光治療フォトブライトを導入いたしました。レーザーに光治療器が加わることにより、治療の選択肢が増え、又両者を併用することなどにより治療の質の向上も期待できると考えています。当院では、開発からの時間はたっているが未だに異彩を放つ機器、常に安定した効果が見込める中堅の機器、素晴らしい成果を出し始めた新進気鋭の機器、今後の良績が期待できる最新の機器がバランス良くラインアップし光・レーザー治療のための態勢が徐々に整ってきています。
光線やレーザーを用いた治療では、手法上の選択や操作上の細やかな調整を必要とする場合もありますので当院ではレーザー脱毛を含めたすべての光・レーザー治療は院長自らの手で施行しております。(医療行為であれば当然のことですが)
光・レーザー治療は標的臓器が皮膚である以上、「皮膚科医本来の仕事である」という心意気をもって今後も努めてまいりたいと考えています。

シミのレーザー治療

ホクロのレーザー治療

レーザーフェイシャル

レーザー脱毛

ページトップへ戻る