アンチエイジング(抗加齢)治療

もとより老化(aging)は自然の摂理ではありますが、特に皮膚の場合、体表に位置するために内面からくる加齢的変化に加えて長年紫外線を受けたことによる光老化(photoaging)の占める割合が大きいと考えられています。そうであれば、これからでもサンスクリーン剤などを上手に用いて紫外線対策をしっかり行えば光老化を先送りできる可能性があるとも言えます。特に人は18歳までに紫外線の生涯曝露量の50%以上を浴びてしまうと言われていますので、これからは子供の頃からの紫外線対策が重要視されてくると思います。
それはともかく、既にできてしまった皮膚の老人性変化(シミ、シワ・タルミ、毛細血管拡張症、毛穴の拡大、脂漏性角化症・スキンタッグ・老人性血管腫・静脈湖などの腫瘍性変化など)にはどのように対応するか?当院では各種外用剤(ハイドロキノン・レチノール・APPSなどの活性型ビタミンCローション・リノール酸Sなど)に加えて現在のところ10種類の光・レーザー・RF機器を駆使してこれら老化に伴う皮膚の多様なトラブルに総合的に対処することが可能です。
シミの代表格である老人性色素斑の治療を例にとってもQスイッチレーザーで確実に除去するもよし、またフォトブライトで周囲に気づかれることなくいつの間にか目立たなくなっているのをめざしてもよし、はたまた両者を併用するもよし、その選択の巾を提供することができます。
フォトブライトとレーザーフェイシャルとを組み合わせることにより、皮膚の浅い層(表皮)に生じたシミに代表される老人性変化と皮膚の深い層(真皮)に生じたシワ、タルミ、毛細血管拡張症などを同時に改善させていくことも可能となりました。つまり、皮膚の土台作り(再構築)をしつつ肌の表面にも磨きをかけて輝かせる(brighten)という訳です。ともにカサブタができたりすることは無いダウンタイムフリーの治療法で、通常の生活が制限されることはありません。
シミ(老人性色素斑、肝斑など)、シワ・タルミ、赤ら顔・毛細血管拡張症、その他の加齢に伴う皮膚症状[脂漏性角化症、老人性血管腫・静脈湖、スキンタッグ、老人性脂腺増殖症、開大毛孔、(中高年深在性)ミリウム、色素性母斑]について、私のクリニックで可能な特徴ある治療法についてまとめてみました。

シミ(老人性色素斑、肝斑など)

シワ・タルミ

赤ら顔・毛細血管拡張症

その他の加齢による皮膚症状

ページトップへ戻る